忍者ブログ
〓 Admin 〓
清く正しく美しく生きたいと願う、小市民の日記
[111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

猫を飼った時、どんな猫でも環境の変化にストレスを感じています。

こんな状態の時に無理に健康診断をしなければと焦ることはありません。

特に子猫の場合には新しい環境に慣れるまで食欲が落ちてミルクを飲まなくなったり、気持ちが不安定になっていて、ひどく怯えて鳴いたりしますし、暴れたりすることもあります。

猫があたらしい家でペットとして落ち着いてからでいいので、近くの動物病院で健康診断をしてもらうのをおススメします。

もしも寄生虫などが見つかったら、すぐに駆虫剤を飲ませあげましょう。

母猫の母乳で育った子猫はある程度免疫を持っていますが、この免疫は生後1~2ヶ月位で弱くなってきます。
ちょうどペットとして引き取られる頃ですね。

健康診断に行ったらワクチンの接種について相談をしておきます。

猫エイズと呼ばれる、猫免疫不全ウイルス感染症や猫伝染性腹膜炎など、かかりやすいのにワクチンがなくて、しかも感染すると治療法がないという病気もあります。

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症(3種混合ワクチン)と、猫白血病ウイルス、クラミジア感染症はワクチンで防ぐことが可能なのです。

一部の地方都市の条例を除いては、猫は犬と違い、法的な登録義務はありません。

しかしペットとして一緒に生活をするなら、ペットの健康は飼い主がしっかりと管理しなければなりません。

猫が幸福に暮らせることに対する責任はもちろん、自分の家のペットが他人に迷惑をかけないようにするという社会的な責任も同時に発生するのです。

M-1育毛ミストで女性も育毛チャレンジしよう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright(c) 清く正しく美しく All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]